preloder
ABOUT

最強の武器を探しているというコンペティターはもちろん、さらに上のアクションを目指してみたいというフリーサーファーまで、そのバランスの取れたパフォーマンス性豊かなシェイプデザインをぜひとも体感して下さい。

シャープアイサーフボード(Sharpeye Surfboards) は、1992 年、カリフォルニア州サンディエゴでマルシオ・ゾウビ(Marcio Zouvi) によってスタートした。80 年代半ばにブラジルから移住し、1988 年、自身が乗るためのボードをガレージでシェイプし始めたのがきっかけだが、そのバランスの取れたパフォーマンス性豊かなシェイプの評判は彼のサーフ仲間にも瞬くまに広がり、サンディエゴエリアでは一気に知られる存在となっていく。そして1992 年、正式に創業しSharpeye Surfboards として船出した。

マルシオは(別インタビューでも自ら好奇心旺盛と答えているように)最先端の技術や素材に対して非常にオープンで、当時まだ珍しかったCAD システム(コンピュータ支援設計)を、1992 年の創業時にはすでにボードデザインに取り入れていた最初の一人としても知られている。

シャープアイといえば、何と言ってもコンペティターの要望を叶えてくれるハイパフォーマンスショートボードが魅力だ。実際、現在のサーフシーンを賑わすプロサーファーからのオーダーは後を断たず、チームライダーも素晴らしく豪華な顔ぶれとなっている。ブラジル人WSL サーファーFilipe Toledo が2014 年シャープアイサーフボードと契約した。シャープアイを駆って、彼は世界トップの舞台で活躍をみせている。

Jake Marshall(ジェイク・マーシャル), Alejo Muniz(アレホ・ムニーツ), Ian Gouveia(イアン・ゴウヴェイア), Tatiana Weston Webb(タティアナ・ウェストン・ウェブ), Silvana Lima (シルヴァナ・リマ)日本からは数多くのプロサーファーに加え、2017年末から村上舜を迎えた。

そして2018年、日本人初のWTサーファーである Kanoa Igarashi ( 五十嵐カノア )がSharp Eyeチームへ正式に加入。ハンティントンビーチで行われたUS OPENで優勝し2連覇を果たすなど、早くも好成績を納めている。

最強の武器を探しているというコンペティターはもちろん、さらに上のアクションを目指してみたいというフリーサーファーまで、「ロングボードは今までにシェイプしたことがない」と公言しているスペシャリストのデザインをぜひとも体感してみてほしい。


インタビューを読む

今までにシェイプしてきた本数はどのぐらいですか?
33,000本ですね。

最も影響を受けたシェイパーは誰ですか?
80年代にカリフォルニアに越してきてから、ラスティ、リンデン、そしてアルメリックは尊敬するシェイパーです。最終的には自身のスタイルを見つけていくものですけど、彼らからは間違いなく大きな影響を受けました。

シェイプ哲学は何ですか?
全てのサーファーが可能な限り「楽しむ」ことができるデザインを創造することです。

シェイパーという道へ進むことになったきっかけは何でしたか?
好奇心は常に旺盛でした。新品のボードは、買うにはとても高かったということもあるけど、シェイパー達はめちゃくちゃカッコよくていつもかわいい女の子を連れているイメージでしたね。後になって実際にはそんなことはない、ということに気付きましたが(笑)。

最も得意なシェイプのスタイルはどんなものだと考えていますか?
一番自信があるのは、ハイパフォーマンスショートボードですね。実は今までにロングボードは1本もシェイプしたことがないんです。(ロングボードが好きではないとか)特にそういった意味は全くないんですが、自分はロングボードには乗らないということもあって、なんとなくシェイプすべきではないと感じるんです。もちろん、もしかすると将来的には作るかもしれないですけどね。

もっとも人気のあるモデルは何ですか?
Discoがナンバーワンですね。この前の夏などは、オーダー5本中4本がDiscoだったという時もありました。

現在拠点としてい場所(カリフォルニア州、サンディエゴ)はシェイプにどんな影響を与えてくれましたか?
80年代にブラジルからカリフォルニアに越してきました。プロフェッショナルなシェイパーとして、そしてビジネスについて本当に学ぶことができたのは、こちらに移ってきてからです。ここに来ていなければ、ボード作りに最高の素材を手に入れることや、この業界におけるベストな名匠たちから学ぶことは絶対に不可能でしたからね。

オーダーを考えているライダーへ、可能な限りベストなボードを手に入れるためには、どんなアドバイスをしますか?
まずシェイパーをしっかりと信用すること。そして正直に、可能な限りのたくさんの情報をシェイパーに伝えてもらうことですね。そうすることによって、ライダーに最も適したデザインを具現化していくことが可能になります。

シェイパーというキャリアを通して学んだ最大の教えは何ですか?
今も常に学び続けているということを認識すること。知識や経験はやはり重要です。ただ謙虚であるということが最も重要なことだと考えています。


TECHNOLOGY

 

e2 (イーツー)

 

e2 Techはモデルの特性を分析した上で配置されたカーボンとクアッド軸のコンビネーションにより、耐久性と素早い元の形への復帰を実現しています。他にはない耐久性能とポリエスターボードよりも長い「ポップ」(跳ね返り)を与えています。マルシオのオススメはディスコから小さめの小波用モデルに一番適していると言っています。

Carbon (カーボン)

 

非常に軽くて丈夫なカーボンでグラスされた素材。ブランクスはEPSなのでどのモデルでもシェイプでき、その後カーボンで丁寧にグラスされます。バイクで走行中に落としても無傷だったとのエピソードも聞いています。

Epoxy (エポキシ)

 

ボードは非常に軽い仕上がりになります。試合で小波の時に選手はがボードの軽さが波の弱さに「エクストラポップ」を与えるとして好んで乗られています。

Surf Tech (サーフテック)

 

SURFTECH(サーフテック)は、世界で最も強い軽量のエポキシのサーフボードを開発し生産しています。
心材には通常のウレタンフォームの1/2の重さのスタイロフォームを使用し、フォームの周りをPVCシェル(塩化ビニール)とグラスファイバーで覆い、エポキシ樹脂でコーティングをした軽量で高強度なボードです。

PAGETOP